よくあるご質問

 

アラテック治療対象となる一般的な症状は?

膨満感、胃痙攣、胃酸逆流、胸やけ、ガス、下痢、吐き気、鼻水、鼻づまり、後鼻漏、目の痒み、咳、喘息、息切れ、赤くなって痒くボロボロする皮膚、水ぶくれ、蕁麻疹、痒み、頭痛、疲労、化学成分に対する過敏症、紫外線に対する反応など、無害な物質に対する拒否反応。

 

治療に必要なセッション数は?

治療に必要なセッション数は誤った反応の誘因となっている物質の数によって異なります。例えば、5つのカテゴリーの物質(乳製品、小麦、とうもろこし、動物の鱗屑、花粉)に反応している人に対しては通常、5回から12回程度のセッションが必要です。

 

結果はすぐわかりますか?

多くの場合、最初の何度かのセッションで症状が軽減されたり出なくなったりし、その効果が長続きします。しかし個人差があり、さらにセッションが必要になる人もいます。

 

治療で鍼灸鍼を使うことはありますか?

いいえ。アキュプレッシャーを用い、痛みを伴わないのでどのような方でも治療することができます。

 

治療を受ける年齢制限はありますか?

いいえ。年齢制限はまったくありません。

 

セッションに必要な時間は?

治療家によって異なりますが、一般的には最初のセッションが30分から60分程度、2回目以降のセッションは15分から30分程度です。

 

患者様が薬を服用している場合、服用を中止する必要はありますか?

いいえ、医者に処方された薬は勝手に服用を中止するべきではありません。一般薬も服用を中止する必要はありません。

 

一般的なアレルギー検査をしますか?

いいえ。アラテックはいわゆるアレルギー検査は行ないませんが、他でアレルギー検査を受けられた場合は結果をお持ちいただくと参考になります。

 

症状が軽減されるという保証はありますか?

すべての医療行為と同様に、効果の有無や、別の症状が発生しないかどうかなどの保証は一切できません。

 

アラテックの研修を受けて治療家になるための資格はありますか?

アラテックをご利用いただけるのは以下のいずれかに該当される有資格者です。

鍼灸師 | 柔道整復師 |  医師

 

食物不耐症の治療はできますか?

いいえ。食物不耐症は消化酵素の不足によるものであり、アレルギーや過敏症とは異なるため、アラテックの治療を行なっても効果がありません。

 

アナフィラキシーに対する治療はできますか?

アラテックはアナフィラキシーや生命に関わる症状は治療しません。そうした場合は誘因を厳重に避けてください。