アラテック・セラピー

 

アラテックは、アレルギーや過敏症は身体のエラーであるという事実にもとづいて開発されました。アレルギーや過敏症は、身体が外部の本来は無害な物質を有害な脅威であると誤って認識して過剰反応するために起こります。例えば、もしも動物の鱗屑(フケ)が有害であるならば、犬をなでた人は全員、症状が出るはずです。しかし実際にはそうではなく、動物の鱗屑(フケ)に対して過敏症を持つ人だけが反応します。

 

アラテックの20年におよぶ開発を通して、非常に多くの症状が身体外部のさまざまな物質に対する誤った身体反応であることが明らかになりました。身体は、ある物質を有害であると認識して反応すると、その後もその物質に対して過剰反応をし続けるようになります。過剰反応を起こしている器官系に働きかけることによって、その認識を正しいものに修正することができます。

 

う症状はありません   もう避ける必要もありません
allertek_no_more_symptoms.jpg   allertek_no_more_avoidance.jpg

 

orange_dotted_2.jpg

 

アラテックのしくみ

アラテック・セラピーは特定の経穴に画期的でユニークな方法で刺激を与えることで身体の過剰反応をを修正します。それがこのセラピーが効果をもたらす鍵です。

 

中医学では、身体の各器官に直接つながっている経穴に刺激を与えることでその器官を本来あるべき状態に導きます。アラテック・セラピーでは特定の経穴を画期的でユニークな方法で使っており、それがこのセラピーの大きな特徴です。

 

その経穴は頚椎の両側にあり、「闘争・逃走反応」を司る交感神経鎖と繋がっています。これらの経穴を通して過剰反応を起こしている器官に働きかけることにより、対戦状態を解除し、症状の誘因となっている物質に対してより正常な反応をするように導くことが可能となります。

 

  アラテック・セラピーで使う経穴(ツボ)は自律神経系の交感神経枝に対応し、内臓器官の反応行動に影響をもたらします。

 

      

アラテックは鍼を使わず、鍼と同様に高い効果が得られる正確なアキュプレッシャーを用います。非侵襲性なのでお子様からお年寄りまで年齢を問わず受けていただけます。防御生理的に対する独自のこの方法は諸器官の状態を改善することに非常に優れています。

 

アラテックセラピーは統合医療として開発されたもので、鍼灸師、柔道整復師、あるいは医師の資格を持ったアラテック認定セラピストから治療を受けていただけます。

 

orange_dotted_2.jpg

 

現代社会とヒトの身体

ヒトの身体には、身体にとって安全なものとそうでないものを見分ける機能が備わっていますが、現代社会はそれを困難なものにしています。現代人の生活の場には化学品や汚染物質などがあふれ、昔と違って食品や製品は世界中から届けられています。およそ50年ほどの短い期間にヒトの生活環境が大きく変化したため、ヒトの身体は性急な順応を要求されることになりました。その結果、食品、大気中成分、ペット、金属アクセサリーなどの無害な物質に対して有害であると誤認識し、防御反応の症状を呈し、結果的に身体システム全体に負担をかけることがあります。

 

無害な物質に対する身体による不適切な反応は実にさまざまな症状の原因となっています。そして多くの場合、西洋医学でも統合医療でもそれらの症状は治療が困難なため、誘因物質を避けることだけが対処方法となります。アラテックは、アレルギーや過敏症に関連するそのような症状に悩まされている方たちが、誘因物質と身体との関係を本来の形に戻すことを可能にする新しい対処方法です。

 

 

アレルギーと同様に、過敏症に悩む人の数もここ50年で飛躍的に増えました。真性のアレルギーは免疫システムの反応によって起こるものですが、免疫システムとは関係なく起こる過敏症の症状が非常に多くあります。 それにもかかわらず、食品の過敏症を持つ多くの人々にとって、その食品を避ける以外の選択肢がほとんどないのが現状です。

アラテックは、外部物質と身体の関係を本来の形に修復することによりアレルギーや過敏症のさまざまな症状に対処する新しい選択肢です。

 

 


 

アラテックは非侵襲のセラピーで針やハーブやサプリメントを使用しません。
アラテックはアレルギー、過敏症、不耐症を診断するものではありません。
アラテックはアレルギーや過敏症の検査ではありません。アラテックは身体に負荷を与えている物質を特定します。
アラテックはアレルギーや免疫システムを治療しません。
アラテックはアナフィラキシーや生命に関わる症状は治療しません。そうした場合は誘因を厳重に避けてください。